八重山黒木 江戸与那型(赤龍)三線

 八重山黒木で制作された江戸与那型三線です。糸蔵が長いのが特徴の棹ですが、その糸蔵から伸びる芯の黒がアクセントになってシラタは多めながらしっかり八重山黒木の存在感を楽しめる一丁に仕上がりました。音も柔らかくどこまでの響く一生物の三線、シラタ多めで価格を抑えられた分、お買い得の一丁としてお勧めです。

 

 

 

型名 江戸与那型三線
棹材 八重山黒木
本皮一枚張り
塗り スンチー塗り
胴巻き 赤龍
カラクイ 黒檀ウメ型