八重山黒木 江戸与那型 三線

 

 八重山黒木で制作された江戸与那型三線です。糸蔵が長いのが特徴の棹ですが、ほぼ芯の黒で出来た棹はしっかり八重山黒木の存在感を楽しめる一丁に仕上がりました。天から猿尾までしっかり芯の黒が通っている立派な原木でしたが、芯の一部のひび割れが深かったため、ひび割れの修復を兼ねて天の一部を繋ぎましたが、これは音には影響はなく、黒木らしくいつまでも、どこまでの響く一生物の三線となりました。補修によって真っ黒ながらも価格を抑えられた分、お買い得の一丁としてお勧めです。

 

現在新型コロナにて旅行キャンセルが相次いでいる状況になっております。そのため、コロナ割引を開催いたします。八重山黒木の三線を通常より更にお安くお買い求めいただくチャンスです。是非、ほぼ芯の八重山黒木の音をご検討下さい。

 

 

型名 江戸与那型三線
棹材 八重山黒木
価格 420,000円(税込み、コロナ特価)
本皮一枚張り
塗り スンチー塗り
胴巻き 緑龍
カラクイ 黒檀ウメ型
付属品

セミハードケース、予備用ウマ、弦1セット、

予備カラクイ1本



八重山黒木三線 江戸与那型

希少な八重山黒木のほぼ芯の真っ黒な棹に仕上がった江戸与那型三線です。入手困難な八重山黒木の三線を割安価格で提供です。S様専用差額分の決済ページとなります。他の方のご購入はお控え下さい。

¥220,000

  • 在庫切れ お問合せ下さい。


漆塗り前の写真や説明等、ブログにも紹介記事の記載があります。参考にリンクのブログ記事をご覧ください。