八重山黒木 真壁型三線

希少価値の高い、八重山黒木のほぼ芯の三線が出来上がりました

今回出来上がった三線は芯に入るウズラ模様がとても神秘的で価値ある一丁になるはずです。

 

芯は堅く、密度が高いです。その分音は高音で硬質になりますが、漆が馴染んできたらその分柔らかな音になります。

この化け具合が芯で出来ている棹の特徴かと言えます。

 

     ※売約済となりました。

三線の型 真壁型
価格

740,000円(税込み)

棹の材 八重山黒木
本皮上張り
塗り スンチー(透明)塗り
カラクイ 六角ライン黒
付属品

ハードケース、予備用ウマ、弦1セット、カラク

一本


八重山黒木 真壁型三線

八重山黒木のほぼ芯で出来ています。芯にあるウズラ模様がとても独特で、虎目の貴重な一丁です。

¥740,000

  • 在庫切れ お問合せ下さい。