· 

八重山黒木三線商品のご紹介

八重山黒木三線出来上がりました。

八重山黒木三線の商品が出来上がってきました。

 

といっても、左二挺はまだ棹が出来た位。

 

一番右は売約済。

 

真ん中はお客様が売約検討中の品(^^;

なので、ネット通販に今載せられるのは

真ん中の三線だけなんですが。

今アップの準備をしておりますので

ネット販売まで少々お待ちください。

 

と、その前にこれらの三線、ちょっとご紹介します(^^)/

三線商品 完成品

完成品 売約済

一番右、売約済の三線ですが、知念大工型。天の上の方、

月の輪の部分に少しシラタがある程度で、

これも黒木の芯の真っ黒三線です。

スンチー塗りですから、相当です。

お客様の希望で昔のカラクイを付けました。

味があるんですよね、昔の細いカラクイ(^^)

 

でも見つけるのが大変で・・・。

 

このリクエストはもう、受付けられないカト・・・(^^;


完成品 購入検討保留中

こちらはお客様が検討中の三線。

これも野の部分は真っ黒。

Facebookでも紹介しました。

 

これは月の輪と鳩胸にシラタ。芯は心の途中(ダジャレじゃないですよ)で止まってますが、それでもこれは芯になり切れなかったシラタ。

次の写真で心のシラタ、色が少し黒っぽくなってるのがわかると思います。

 

と、なんか、心やら芯やら紛らわしいですね(笑)

『心』と書く心(シン)は太鼓の中に入ってしまう部分。

ご存じの通り太鼓は『胴』といいます。人と同じ、胴の中の心臓、で、心(こころ)なのです。とても大事なところなのです。

 

芯(シン)はもちろん、木の中心部。

木の断面を見るとわかりますが、八重山黒木の場合は明らかに中心部が真っ黒になります。

がしかし、成長の段階で芯が芯になりきれないものもあります。芯が細かったり。でもどんな黒木でも貴重です。これだけは確かです。はい。

 


完成品 ネット販売予定

こちらは今回商品として販売する予定の三線です。

こちらもFacebookで紹介しましたが、心の先、猿尾まで真っ黒の黒木の三線です。

これは店主一番押し!立派なアイミ(合実)で木の実が締まっていて堅いんです。

 

こちらも雰囲気で昔のカラクイ(スイムディー)を付けました。

 

貫禄ありますよ~(^^♪


取り合えず、多分この二挺が商品として販売となります。どちらも貴重な八重山黒木の棹、この機会に是非ご検討下さい。(^^)

商品候補生

八重山黒木の三線2丁も独特です。

左はご覧の通り黒っ!鳩胸に少しシラタが入ってるのがポイントです。漆はこれからです。

どちらのアイミ(合実)もいいですよ、響く予感大!!(^^)

 

早く商品にして皆さまに完成品を紹介しますね(^^)/


今回のように貴重な八重山黒木の三線をご紹介できるのは本当に嬉しい限りです。

大切に製作し、一人でも多くの三線ファンの方々に提供できるよう

八重山に店舗を構えるお店として力を注ぐのみです。('◇')ゞ

 

今回も最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

八重山三線工房

新城 m(__)m


6/17追記 

ネット販売予定でしたが、購入希望者があり、ネット販売保留致します。m(_ _)m

どうぞよろしくお願い致します。