ブログカテゴリ:三線製作



三線製作 · 06日 10月 2019
お待たせ致しました。 ネットショップの商品を更新いたしました。 八重山黒木三線の小知念大工型と知念大工型です。 (与那城型も販売中です)

日記 · 05日 9月 2019
第40代ミス八重山公式Instagramに載せたいと、ミスの御三方が八重山三線工房にいらっしゃいました! さすが、お三方、爽やかすぎるっ! も、サウナ状態の当工房内でも素敵な笑顔で神対応。 こんな散らかって、ものすごい熱い工房にご案内するのは 本当に恥ずかしかった(^^;

三線製作 · 05日 9月 2019
三線には伝統的な7つの型があります。そこからまだ色んな型が派生していくのですが、基本は7つの型です。 その中でも一番ポピュラーなのは『真壁型』でしょうか。 でも最近何故か、その型のなかでも珍しい型(になるのか?) 『久場春殿型』と『久場の骨型』の問い合わせが多いのです。 三線というものが広く皆様に知っていただけるようになって、興味を持たれる方がより増えたからでしょうか? 折角なので、これを機にその問い合わせの多い『久場春殿型』と『久場の骨型』とは一体どんな型なのか。 写真を載せて説明いたします。

日記 · 04日 8月 2019
白保の知り合いを通じて、自分の庭の八重山黒木をとらないか?という話を頂き ありがたくお受けいたしました! こんな話がたまに舞い込んでくるのは、三線屋としては 本当にありがたい限りです。(^^)早速チェーンソーを持ってその方のご自宅へ行き、バッサリ!

三線製作 · 20日 7月 2019
三線の棹に使われる八重山黒木。その芯の黒い部分が多ければ多いほど希少価値が高く高価になります。 何故なら、それだけ太い芯を持つ原木は本当にもう手に入らないからです。 と、一般的に考えられていますし、実際黒い部分の多い三線は高価です。 ここで、俗に言われる『芯』について、思い違いをされている方が多いので、記事にしようと思います。

日記 · 02日 4月 2019
昨年、八重山の島唄の特集をするとの事でVOGUE JAPANより、三線についての取材をうけました。 記事が公開されるまで、公表していませんでしたが、さすがプロ、とてもきれいに仕上げて下さいました。最初お話をいただいた時、店主は正直困っておりました。 何故なら、標準語がまともに話せないから(^^; 丁寧語で会話しようとすると、言葉が出てこないそうです。 でもあのVOGUE JAPANで取り上げられるなんて、 こんな光栄な事ありません。当然お引き受けさせていただきました。

三線製作 · 16日 12月 2018
以前ブログで紹介した『星克先生の三線』、とりあえず預かってきた6丁の漆が出来上がりました。とりあえず、見たいといった方がいましたので、3丁工房へ・・・。漆後の組立作業は普段は工房では行いません。 こんな道具だらけの作業場で傷でもついたら大変です。 音を聞いてみたいとの要望で、慎重に、1丁だけ、組立ました。平仲知念です。天の稜線がはっきりわかります。平仲知念は図面ではチラが大き目です。 これも大き目なので、どんな音がするか楽しみです。